2009年05月11日

5月8日は相談してただけでした

5月8日は、口頭弁論の予定と聞いていたのですが、なにやら、予定が変わったとかで・・・。

裁判官と原告、被告側の双方で次回の日程の相談とその前に、一度集まる日程の相談を、傍聴に行った数十人の前で繰り広げて終わった・・・のでした。15分くらいかけて、日程調整してただけ・・ありゃりゃ〜でした。

実は私、生まれて初めて裁判傍聴に行ったので、拍子抜けしました。多分私と同じ感想の人がたくさんいたと思います。経験者にきけば、数分で終わることも多いのだとか。

知人のお子さんは、「ドラマの見過ぎだ・・ドラマとは違うんだ・・」ってつぶやいてましたが、同感。反省だね。
でも、傍聴の席が、多くの人で埋まっていることで、裁判官も気合いが入るのだと弁護士の方が言っていました。今日、傍聴席に多くの方がきてくれて、びっくりしました、本当にありがたいことだとおっしゃっていました。

傍聴席に人がいることで、判定もよりいっそう慎重な方向に行くであろうことは、裁判官も人である以上、いくらかはあることなのだそうです。

今いくつか弁護側から被告側に質問していることがあり、それに答えてくれるのが、次回公判になるとのことなので、7月の裁判では、生のやりとりがみられると思うので、次回には、より多くの方で傍聴席が埋まるといいなと思っています。 

谷口由美子


posted by 支える会 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判傍聴の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。