2011年11月23日

講演会 終了

講演会は無事終了しました。

講演会は、約40名ほどの参加で、真剣にお話を聞いてくださる方がきてくれました。

2011.11.19.1.jpg


先に木幡さんに、事件当時のこと、裁判にいたるまでのいきさつを語ってもらい、その後内田良子さんに講演をしていただきました。

友音さんは、修学旅行の部屋割り、班作りで、露骨に仲間はずれにされていて、担任はとめるどころか一緒になって仲間はずれにすることに加担していたことが明らかになっています。いじめが起きている教室内で、好きな者同士で集まりなさい、という教員に教員の資格があるでしょうか。もし、担任がまともな人だったら・・と思わずにいられません。

友音さんは、死ぬと宣言していたこと、同級生の女子に相談していたこと、教室でカッターを手にあてていたことは、数人の児童が目撃していたことなどわかっています。
その子たちが、誰かに声にして伝え、助けて、どうしたらいいのかわからない、と言えるようなシステムつくりをしなくてはいけないと内田さんは言いました。

今でも、子どもたちが、自分を守ってくれる制度やシステムがあることを知らない。チャイルドライン、子ども110番、親子相談など、身近な大人ではなくても、誰かに相談することで、救われる子どもがいるはず。そういうことを学校で教えていくべきなのだと、語られました。

いじめの舞台として体育の時間が多いこと、運動会をきっかけに学校に行けなくなる子も多いこと。
親がいじめの張本人が迎えにきたり、遊びにきたりしていても気が付かなかった、仲良しの友だちだと思っていたという事例があった。クラスで人気者、担任からも信頼されている子がいじめの首謀者だったという事例もあるそうです。

子どもが体調を崩し、学校を休みたいと言ったら、何かがおきている。
親は子どもにとってベースキャンプ、基地になってほしい。学校に行けない子どもを学校に行かせるために、病気でもないのに、院内学級のある病院に入院させる家庭もあるそうです。

子どもには学校を休む権利があることを伝えるべき。
子どもには学校に行く義務は無いことを伝えるべきです。
といわれていました。

いじめに限らず、子どもが、なんらかの要因で学校に行くのがつらくて、命を絶つなどということがあってはならないことを、多くの事例、事件、背景におきているさまざまな要因も含めて説得力のあるお話をしていただきました。

お母さんの松木敬子さんも参加してもらって、元気そうな姿をみせてもらって、安心しました。

私はやらないのですが、ツイッターで書いてくれていた方もいたとうわさをききました。
ブログに書いてくださった方もいました。どうもありがとうございました。

また、少しずつこのブログも続けていこうと思います。




posted by 支える会 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。