2009年04月24日

支援の輪を広げたい

滝川市教委の記者会見を見て、「子どもの人権や命の重さに、最も鈍感なのが教師と教育委員会である」という腹立たしい事実に、私たちは気付かされました。

一人の小学生が死ななければならないほど苦しんだというのに、友音さんに関わった大人たちは、その気持ちに向き合おうとはしませんでした。隠蔽と保身のためには平気で嘘をつく教師たち、遺族の気持ちを逆なでするような嘘の報告書を平然と作る市教委、預かったはずの大切な友音さんの遺書を紛失するという前代未聞の信じ難い失態を犯し、全国にその恥を大いにさらした道教委には、強い憤りを感じずにはいられません。

その後も教育委員会は、何ら有効な対策を講じることが出来ませんでした。そうした中、道内だけでも、いじめ事件に関する報道は後を絶ちません。今も子どもたちは、いじめに苦しんでいるのです。
 
私の娘は、この滝川の事件の報道を耳にする中で、自分の教室で起きているいじめから目を背けることが出来ず、それを担任に訴えました。しかし担任には全く対応してもらえず、管理職や教育委員会にも事実を隠蔽され、教室では孤立し、転校を余儀なくされました。

学校と教育委員会が、いじめに対して毅然とした対応をしないことで新たないじめが起こり、多くの新しい被害者を生んでいるのです。子どもの気持ちや命よりも、教師や教育委員会の立場や対面を優先するような体質が改善されない限り、子どもたちは安心して学校に通うことは出来ません。
 
滝川の遺族の闘いは、いじめに苦しんだり悩んだりしているこどもの闘いでもあります。どのような事実があり、学校と教育委員会の対応の何が問題であったのか。それらをきちんと明らかにしなければ、今後の教訓にはなりませんし、これからもいじめで苦しむ被害者は救われません。
 
一人でも多くの方に、支援の輪が広がることを願っています。

北広島東部中いじめ放置問題 被害者から  


posted by 支える会 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。