2010年03月18日

支える会へのお誘い

onegai01.gif
 


2月19日解協議で、原告側の要求をほぼ全面的に受け入れる形での和解案がまとまったようです。

和解案についてはこちら

2月19日の北海道新聞記事ほかにも多数の新聞、テレビニュース、ラジオ等で報道されました

1月30日の北海道新聞に進行協議の記事
朝日新聞にも掲載されました。
読売新聞にも掲載されました。web上には記事はありませんが、『滝川市が和解申し入れ』という見出しで原告団から取材した内容をまとめた記事でした。自殺予見が可能だったこと、事件後の対応が悪かったことなどを認めるよう要求・・・というような内容でした。

詳細については、弁護団に確認の上、掲載できることがわかれば随時掲載したいと思っていましたが、流動的な状況とのことです。

なお、上記リンク先ニュースは期限がきたら、見られなくなると思います。

NEW 1月8日 第5回公判にて、松木敬子さんの意見陳述


第4回口頭弁論9月18日終了しました。詳細はこちらをご覧下さい。

時系列を追加しました。わずかづつですが、日にちを追って書き綴っていく予定だったのですが、更新できなくてすみません。思い出すと辛くなり、体調を崩されてしまわれてご遺族の方からの原稿がすすみませんでした。こちらをご覧下さい。

つれづれと書いてみました

友音さんの遺書については訴状(コチラです)の中に書いてあります。これを読んでなおイジメはなかった。遺書からでは判断出来なかったというのは許されない


ーーーーーーーーーーー−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
6年生・修学旅行の時の松木友音さんの写真です

tomonetyan2.jpg

 いじめ問題、教育、人権、社会正義などに関心をお持ちのすべての皆さんへ。

 私たち「滝川いじめ自殺裁判を支える会」は、その名の通り2005年に北海道滝川市で起きた「いじめ自殺」の遺族が滝川市と北海道を相手に訴えた裁判を支援するために発足しました。この訴訟には、「真実を知りたい」「学校の隠蔽体質をなくしたい」「全国でいじめに苦しむ子どもたちへの応援のメッセージを送りたい」という遺族の切実な思いが込められています。ぜひ、皆さんのご支援をお願いいたします。

【滝川いじめ自殺裁判を支える会の紹介と入会のご案内】
・事務局は「もぐらの会(江別登校拒否と教育を考える会)」の事務局が兼任します。(代表:谷口由美子)

・連絡先は、「北海道江別市野幌代々木町40-2 (有)フレックス内」です。

●TEL 011-385-4675,TEL/FAX 011-385-9656,
●メール:yumiko-t@sep.email.ne.jp
(送信時は@を半角に変えて下さい)

支える会へのお誘いを他の人にもすすめたいと言う方は、案内、振替用紙、ニュース1号のセット(封筒入り・宛名を書いてすぐに送れます)をお送りしますので、御連絡下さい。

本業は会社というより店なので、電話連絡の際は「タニグチユミコ」と指名してください。家族でやってる小さな店ですので、ご遠慮なく。

・会員には、「ニュース」をお届けします(郵送またはメールで)。
・年会費は1000円。会の運営(封筒・事務用品・通信費・紙代・印刷代など)にあてます。会費を納入していただいた方を会員とします。

・名簿は事務局で管理し、連絡以外の目的では使用しません。ニュースのメールでの配信を希望する方も住所をお知らせください。

郵便振替でのご送金をお願いします。

郵便振替は、青い色の振込用紙(払込取扱票)をお使いください。

●口座は、「もぐらの会」と兼用ですので「支える会・会費」と通信欄に明記してください。また、メールでの配信を希望する方は通信欄に「メール希望」と記入の上、アドレス確認のため事務局宛にメールを送ってください。

●口座の加入者名は「もぐらの会」
●口座番号は02740−6−11026です。


posted by 支える会 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 支える会へのお誘い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

代表より 挨拶

滝川いじめ自殺裁判を支える会 発足のご挨拶
         
滝川いじめ自殺裁判を支える会代表 谷口由美子


小6の少女が教室で自殺を・・という痛ましい事件でした。
当時まだ12才だった松木友音さんのご遺族の方のお話を何度か伺いました。この裁判に望んでいることは、江部乙小学校で当時かかわっていた人たちから、せめて知っていることを話してもらいたいというささやかな願いでした。

「気が付いてあげられなかったことがほんとに辛い」と話をされます。「どんな思いでいたのか、何も知らなかった、あの子が生きていてくれていたら、本当に幸せだったのに、もうこの世にいない」と話をされます。

あの子に何があったのか、それを知りたい、せめて知ってあげたい、知っている人から話を聞きたい。それだけのための裁判なのだとおっしゃっています。

報道だけだと、いじめを認め謝罪、遺族と和解というような印象をもっていましたが、謝罪が形式のみで、以後ご遺族の方とは会うことも避け、関係者は、処分という名目のもと、ただ転勤、異動になって、もう関係ないという姿勢をとっていることに驚きを禁じ得ませんでした。

いじめがあったことを認めたら、何かまずいことがあるのでしょうか。いじめの実態を調査し、「いじめはやってはならないことなのだ」と、児童生徒、PTAなどで話し合って、友音さんの死を悼むという気持ちが学校側にあったなら、裁判に訴える必要はなかったのです。

謝らない、会わない、話をしない、本当のことを言わない、電話をしたら、「突然電話するな」とまで言われたこともあるそうです。断固拒否という一貫した姿勢で、もう過去のこと、終わったことをほじくり返す必要がないという姿勢なのだそうです。何一つ真実を語らず、うやむやにし、いじめ自殺する子が後をたたないのに、解決のために一生懸命に考えるどころか、隠蔽することしか考えていないように感じました。

「心が安まる時は一瞬たりともないのです」とおっしゃるご遺族の方の話を聞きながら、せめて何か手助けができないだろうかと話をしました。裁判のことを多くの人に知ってもらうことが支援することになるなら、ということになりました。

ささやかな活動ではありますが、より多くの方に滝川の事件を知ってもらい、学校で起きている「いじめ」、そして、ひとたび表沙汰になったら確実に隠蔽工作に走る学校や教育委員会の姿勢を知ってもらいたいと思います。

そして、裁判を通して、子どもの命を学校だけに任せてはおけないと知って欲しいです。学校に行きたくないと言う子どもの気持ちも無理はないと知るきっかけにもなると思います。

「学校を休んでいいんだよ」の一言で一人でも多くの子どもたちの命を救えるのではないかとも思っています。市教委、元担任、元学校長が、本当のことを証言してくれるよう祈ります。

裁判傍聴という形で、より多くの方の支援をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

posted by 支える会 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 支える会へのお誘い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。